クラウドワークスを使って記事を書いてもらおう

ブログを立ち上げた頃は記事の量をまずは優先させたほうがよい。

それをクラウドワークスでアウトソーシングしてしまおうという考えだ。

200x288xcw200_a.png.pagespeed.ic.R7AwQNJLNw

クラウドワークスとは

オンラインで仕事を頼みたい人(企業)と仕事を受けたい人(企業)を繋ぐマッチングサイトだと思って欲しい。

登録すれば、個人でも使えるのでサーバー構築ができないので業者へ頼んだらとても高額だったので、こちらで探したほうが安く見つかった等や空いた時間で副業だったり、スキルがある人がフリーランスでやってたりする。

つまり、ここのサイトで仕事をマッチングさせるということだ。

米仕事を外部委託することをアウトソーシングというので、今後はアウトソーシングと言います。

気になる料金と納期

料金と納期は発注者が指定できるので、発注者の希望で仕事ができる。条件に合わないと受注者が判断すれば、応募されないだけで料金の発生もない。

料金は仕事が発生してからの支払いなので、前払いなどないので安心です。

仕事は記事のライティングやアンケートからアプリの開発までさまざまだ。

もちろん初心者歓迎などもあるので、受注者は自分のスキルにあった仕事ができる。

クラウドワークスが気になった方は最後にリンクを貼っておくので、記事を見てからクラウドワークスについて調べて欲しい。

スポンサーリンク

記事をアウトソーシングする

ブログを作成する上で最も大事なものは記事の質だが、ロングテールを狙う意味もあり量も大事だ。この量が伴っていないと最初の爆発力が低下する。

質は今後の編集で良くしていけばいいし、自分で一から作るより人に書いてもらった記事を編集したほうが、早く記事を量産できる。

この記事の作成をクラウドワークスでアウトソーシングしてみよう。

ちなみにこのサイトは記事のアウトソーシングは行なっていません。他のブログを運営を新たに作るまでの最初をアウトソーシングしてみます。

アウトソーシングまでの流れ

  1. ブログ作成(ドメイン取得・サーバーレンタル)
  2. WordPress導入
  3. デザイン・テーマ等決定
  4. 運用開始
  5. 記事の量産(クラウドワークス利用)

この5番目をアウトソーシングするのだ。

クラウドワークス利用の流れ

  1. クラウドワークス登録(本人確認書類・クレジットカード・口座登録)
  2. 仕事内容を決める
  3. 仕事依頼

仕事を依頼するのは情報さへ登録してしまえば、3分でできます。(クラウドワークスより)

今回は記事のアウトソーシングなので、単価もだいぶ安くできます。

相場は1記事1000文字で300円くらいですかね。高いのだと500円くらいもあります。安いのだと1記事50円というのもありました。

500円以上/1記事ですと応募者の数も増えるので質の良い記事が生まれますね。

仕事を頼むときにキーワードや文字数、写真の有無やタイトル、見出しなどの細かい指定をすると質の良い記事が生まれる可能性が高くなります。

最初から大量に記事を頼むのもありでしょう。

クラウドワークスが気になった方はこちらへ
【クラウドワークス】



にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。