アンドロイドのバッテリーの減りが早すぎたので、長く持たせるためにやったこと

アンドロイドにスマホを変更してから、最初はバッテリーの持ちがよかったのだが、最近はすぐにバッテリーが減ってしまう。

なんで??

使い方はあまり変わっていないのに。。。

バッテリーの劣化かもしれないが、とりあえず少しでもバッテリーの持ちをよくするためにやったことを教えます。

まずは現状把握

まずは現状把握。

僕はFreetelのMIYABIというスマホでアプリは133個入っていました。

友達にアプリ入りすぎと言われましたが、これくらい入っているのが普通だと思っていました。

スポンサーリンク

Battery mix

unnamed

Battery mixというアプリが有ります。

これでどのアプリが電池を消費しているかが分かるアプリらしいです。

アプリを入れたばかりなので、完全に受け売りです。

これでアプリは134個になってしまいました笑

このアプリは入れてみただけでは、何が電池を消費しているか分かるわけでなく、稼働プロセスを監視してくれます。。

なので、少し使ってみないと何が原因かわかりません。

とりあえず数日間使ってみようと思います。

使用してわかったこと

まずは使用状況はこのようになっていました。

Screenshot_2016-08-24-13-04-52

原因その1

一つ目は、ポケモンGOです。

このポケモンGOは明らかに電池の食い過ぎです。

利用時間もあまり使ってない割に電池の消費量はかなり多いと思いました。

それに加え、ポケモンGOをやるためにスリープになるまでの時間を30分にしていました笑

操作しない時間が30分を超えるとスリープモードになりますが、できれば10分とかにしたほうがいいですね。

前は2分にしていたのですが、ポケモンGOをやるのに設定を変えたのを忘れていました。

アプリ以外の原因

Screenshot_2016-08-24-13-05-52

これが使用状況と時間のグラフです。

原因その2

常にWi-FiとGPSがオンになっていました。

ディスプレイは使用状況の時のみ使っていたのに、Wi-FiとGPSは常にオンでした。これもバッテリー消費に関係すると思います。

また、アプリ以外でも消耗する電力を少なくする方法があります。

調べてみると、液晶の明るさもかなり電池の消費に関係してくるらしいです。

液晶の明るさを低下

Screenshot_2016-08-24-13-05-23

これは通常の設定の電池の項目ですが、画面が電池消耗に大きく関わっていることがわかります。

画面の明るさが14%と一番多く占めていました。

あまりにも明る過ぎは目にも悪いので、明るさは自分が見える範囲でできるだけ、低くしましょう。

オートだと少し明る過ぎなので、室内なら少し暗めの設定で、屋外なら見やすいレベルにしましょう。

使わない機能はオフで

あまり使っていない人はオフにしましょう。

  • Wi-Fi
  • GPS
  • Bluetooth
  • アカウントの自動同期

ここらへんもオフにできます。僕はGPSとWi-Fiはよく使うのでオフにしませんでしたが。。。

アカウントの自動同期は個別に設定できるので、あまり使っていないものは同期もオフにしておきましょう。

それでもダメならポータブルバッテリーを持ち歩きましょう。

オススメのポータブルバッテリー

僕のオススメはこの10,000mAhのバッテリーです。

重さも250g以下でありながら、iPhoneなら4.5回は充電できます。

充電口も2つあり、同時に2台まで充電可能でありながら、1000円台で購入可能です。

口コミもいいのでオススメです。

10000mAhモバイルバッテリー

これで少しはバッテリーの持ちが良くなってくれることを期待します。

そして今回の検証でわかりましたが、複数のアプリや機能を同時に使うことで電池の消耗が早くなることがわかりました。

使わない機能はこまめに消すのがいいです。

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。