iPhoneからFREETELのSIMフリースマホに変えて携帯代が3,000円以下になった。

僕はiPhone3Gの時からずっとiPhoneを使っていました。

Andoroidなんて使ったことないのに、なぜiPhoneからAndoroidに変えたのか?

それは最近、MVNOといって格安シム業者がでてきたからです。

 

格安スマホとMVNO

前から気にはなっていたが2年縛りとiPhoneの割賦金が残っていたため、尻込みしていだが今回ちょうど更新月になったため思い切って格安シムにしてみようと思った。

もし、同じように考える人がいたら是非参考にしてほしい。

ちなみに今までの使用量は月にだいたい3-6ギガバイトであった。

 

それが海外のメーカーの格安スマホ(Simフリー)だと1万円くらいから3万円くらいのモノでスペックも問題ないものがでてきた。

 

Simカードもいろんな業者があり、通信料のギガ数が決まっているものから、使った分だけのシムや通信速度は制限されるが、無制限に利用できるものとユーザーの使い方によって、業者を選ぶことも出来る。

 

つまり、選択肢が増えたのだ。

 

iPhone VS Android

格安シムを使うにはシムフリースマホが必要だったため、iPhoneにするかAndroidにするか迷った。

シムフリーのiPhoneはAppleストアで売っている。

 

そしてiPhoneは何と言っても使いやすい。

しかも、何年も使っていただけに手放すのは惜しい。

 

iPhoneのシムフリー版は何と言っても高い。

1番高いモデルでは10万以上もする。安くても6万前後はする。

 

 

Androidは高いのでも6万、やすいのであれば1.5万からでもある。

この差は大きいと思い、思い切ってAndroidにしてみた。

 

使ってみたら意外にもAndroidも普通だった。特別iPhoneに勝っているところもないが、負けているところもない。

iPhoneに慣れていたため、多少使いにくいところはあったが、それでも想定内であった。
そのため、この金額差が大きいと感じたので、僕はAndroidを買うことに決めた。

 

格安シム

格安シムの業者はたくさんある。

どれがいいかは使い方によるとしか言えないが、ネットを非常に良く使う人は何が自分に合っているか既にわかっているだろう。
僕は格安シムを初めて使う人には、断然FREETELをお勧めする。

 

FREETELをお勧めする理由

第一にMNPができる。

携帯の番号を変えたくないという人は多いはずだ。

 

殆どの格安シム業者でもMNPできるが、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機にFREETELは入っているところもあるので、自分で設定できない人にも安心だ。

通信速度が遅くなると心配する人もいるかもしれないが、docomo回線を使っているので、遅いと感じたことはない。

むしろ僕は以前使っていたキャリアより早く感じた。

 

使った分だけプランがある。

これはあまり他の業者では無いプランだ。

他の業者は最初のプランで月に使うデータ量が決められている。

 

私の場合は出張に行く場合や、会社にいる場合、家にいる時が多い時で月の使用量にかなり変動がある。

その場合でも使った分だけのプランであれば余分な出費をしなくて良い。

 

使用量を事前に決めるプランでは1番使う使用量に合わせなければならなくなる。

それよりかは使った分だけの金額をはらうほうがいい。

 

月額使用料

キャプチャ

 

金額もかなり良心的だ。

電話番号付きで月額999円からだ。

それがデータ使用量によって変化する。

 

今までのキャリアでは定額制であったが、割賦金も入れて月に1万円ほど支払っていたが、同じデータ使用量(8Gまで)でもFreetelなら月に2840円ほどだ。

 

データ使用量が少なくなれば更に金額は下がる。

これに電話料金が上乗せされる。

 

そのため、僕はだいたい月に5ギガなので3000円以下に抑えることができる。

通話料金はいろんな方法で下げることができる。

 

アプリを使ったり、FREETELがだしているプランだったりと問題点が通話料と思っているなら、下のやり方で従来よりもだいぶ節約できる。

 

通話はLINE Out!(電話)

LINEをインストールしている同士ではLINEで無料通話があるし、更にLINE Out!というサービスがあるコレを使えば固定電話にもでんわすることができる。

これを登録しておけばかなり安い値段で電話することができる。

 

上が固定電話への金額。

下が携帯電話への金額だ。

 

何にせよ、かなり通話料金を安くすることができる。

LINE Out!についてはこちらが詳しく書いてあるのでをどうぞ。

【国際電話】スマホのアプリを使って海外から1分3円で電話する方法
海外から日本へ国際電話をしようと思っても、国際電話だと料金が高いというイメージがありますよね。 海外から日本、&

 

 

キャプチャ

 

FREETELの半額電話

FREETELが出しているアプリで「通話料いきなり半額」というものがある。

これはアプリを使えば、電話番号もそのまま、プランがどれであっても半額でかけることができる。

 

しかもIP電話でなく、電話回線のため音質も良い。

IP電話の音質はあまりよくないのは皆さん知っているだろう。

 

FREETELによると月に88分以内の電話であれば、お得になると言っている。

なんで半額なのかというとFREETELの専用回線を使っているかららしい。

 

この「通話料いきなり半額」はFREETELのシムカードでなくても使えるため、他のキャリアでも使える素晴らしいアプリだ。

しかもLINE同様月額料金は0円だ。

 

この「通話料いきなり半額」はガラケーでも使えるというすぐれもの。

ガラケーのプレフィクス付加機能を利用して「00326035」をつけて発信すると使えるとのこと。

これは試してないので、FREETELのガラケーでの利用法をみてください。

 

かけ放題もある

FREETEL SIM専用の「かけ放題」アプリもある。

これはFREETELと契約したSIMカードでないと駄目だが、金額が魅力だ。

 

プランは1分間かけ放題と5分間かけ放題がある。

それぞれ399円、840円と1,000円以下でかけ放題ができる。もちろん海外は有料だが、それでもかなり安い。

 

キャプチャ

 

データ通信(10G)とかけ放題(5分以内・国内)であれば、4,000円でほぼ使いたい放題と思って良い。

 

スピードとエリア

エリアはdocomoの回線を使うため使用エリアはかなり広い。そしてLTEのためスピードも満足するレベルだ!

これは今すぐに変えるべきだと思う。

 

節約できる金額

あなたが月に1万円をキャリアに支払っているならば年間に12万円の支払いがある。

これが2年になれば24万円支払っていることになる。

 

これをFREETEL等の格安シムに変えれば通話料を入れても、月々4000円程度だ。

安くしようと思えば更に安くなる。

これが一年続くとすると48000円。

2年だと96000円になる。

 

240,000-(96,000+携帯端末代金)=安くなった金額

 

iPhoneの最新機種でも10万円だとすると2年間で約4万円の節約になる。

最新機種を買えば3年は使えるので、更に節約代金は多くなる。

 

これが2万円のAndroidであれば、2年間で12万円の節約である。

 

結論

私と同じ理由(更新月や割賦金の残金)で尻込みしているならすぐに解約してFREETELにしたほうが良い。(解約月が3ヶ月以内なら解約月まで待ってもOK)

コメント